タグ:パリ ( 24 ) タグの人気記事

Bouquet de la surprise

e0211636_12205511.jpg

まるでパリの街角で束ねて貰った様な、シックなライラック(Lilas) のブーケが届きました。
e0211636_12215532.jpg

送り主は、娘の京都時代のお友達で、なんと奇遇にも私と同じデザイン学校出身のお嬢さんです。

娘も一目置いているハイセンスな彼女は、オリジナルデザインのアトリエを構えているそうです。

随分前にお送りしたシュトーレンのお礼にと、初夏の香りを届けて下さいました。

五月の風と共に、モネの家を訪ねた時を思い出します。
[PR]
by hisae-18 | 2015-05-18 12:29 | お花 | Comments(1)

間奏曲はParisで

e0211636_1416836.jpg

北海道から持ち帰った酷い風邪を抱えたまま・・・(笑)
イザベル・ユペールの「間奏曲はパリで」を観てきました。
e0211636_14162096.jpg

62歳とは思えないキュートな彼女の魅力と上品な色合わせの衣装に、
すっかり魅せられた作品でした。
(正直、こんなお洒落な牛飼いの奥様なんて居ないと思いますけど~~笑)

ほろ苦い大人の間奏曲・・・
e0211636_14163153.jpg

フランスの名女優イザベル・ユペールが、ハンサムな青年と紳士的な外国人、そして実直で武骨な夫というタイプの異なる3人の男性の間で揺れ動く女性を演じたロマンティックストーリー。ノルマンディーの田舎で夫のグザビエと夫婦で畜産業を営むブリジット。子どもたちも無事に巣立ち、穏やかだが平穏な日々が続く中で、遊び心を忘れないブリジットは毎日に変化をもたらそうとするが、夫は無関心。そんなある日、近所のパーティで魅力的なパリジャンの青年スタンと知り合ったブリジットは、夫に内緒でパリに出かけることを決める。日本では「フランス映画祭2014」でも上映されている。

塚口さんさん劇場へ、Go!
[PR]
by hisae-18 | 2015-05-09 14:22 | シネマ | Comments(2)

ZAZ 2014 PARIS

e0211636_15103677.jpg

ZAZのニューアルバム。
なんて可愛くて、コケテッシュな雰囲気なんだろう。


こんな時期だからこそ、余計に心に沁みる。
古き良きパリを想う。

みんな思いはそれぞれだけど、全世界の平穏な暮らしを願いたい。
[PR]
by hisae-18 | 2015-01-12 07:40 | 思い | Comments(0)

La lettre de Paris

e0211636_1103223.jpg

連日、旅先のお友達からお葉書が届いております。
今日は、フランス旅行中の素敵なマダムから。
「Je pense à vous à Paris. 」(パリで〇〇さんのことを想っています)
な~~んて、思わずにやけてしまう一言と共に。
e0211636_1133044.jpg

昨日はギリシャでバカンス中の若き大学教授から・・・

紺碧の海が眩しい!!
e0211636_114291.jpg

少し前には、モネが描いたエトルタの海の絵葉書を頂きました。

数年前に、この海岸を散歩した事を思い出します。
e0211636_1162566.jpg

いつかまた訪れたいパリの街にも、願いを馳せながら。
e0211636_11174462.jpg

[PR]
by hisae-18 | 2014-09-10 11:09 | 思い | Comments(0)

イヴ・サンローラン

e0211636_20192643.jpg

ココ・シャネルやクリスチャン・ディオールと並び称されるフランスのファッションデザイナー、イヴ・サンローランの伝記ドラマ。若くしてファッション界の寵児(ちょうじ)として活躍する裏で、孤独と重圧に押しつぶされそうになっていた彼の素顔に迫っていく。メガホンを取るのは、『パリ、ただよう花』などに出演した俳優のジャリル・レスペール。『キリマンジャロの雪』などのピエール・ニネが、繊細で複雑なイヴの内面を見事に体現する。次々と現れては画面を彩る、ピエール・ベルジュ-イヴ・サンローラン財団所有の貴重な衣装も大きな見どころ。
   
e0211636_20194718.jpg

いよいよ明日公開。
e0211636_20201437.jpg

 驚くほど華奢(きゃしゃ)で小鳥のような細い首を持つ主演のピエール・ニネは若い頃のサンローランに生き写しだ。サンローランのブランドの公認映画にふさわしい人材である。まったく同じ時期のサンローランの物語をスキャンダラスに描いたもう一本のイヴ・サンローランの伝記映画「Saint Laurent(原題)」の日本公開も既に決まっているので、ギャスパー・ウリエルとニネの演技を比較してみたい。
e0211636_2022926.jpg

クリスチャン・ディオール亡き後、彼の跡を継いで21歳で偉大なるメゾンのデザイナーとなったサンローランとの出会い。フランス陸軍に招集されて精神衰弱に追い込まれた果てにディオール社から切られ、ベルジェとともにメゾンを立ち上げるまでの経緯。モンドリアン・ルックの誕生と、サンローランの創造力がピークに達した、1976年の「バレエ・リュス」コレクションの発表まで、デザイナーの苦難と栄光の歴史をサンローランの財団が所有する貴重なオリジナルのドレスの数々が彩る。極度の緊張とストレスから麻薬に溺れ、危険な夜遊びと愛人との浮気に逃避するサンローランを保護してきたベルジェ。ストーリーだけではなく映画の成り立ちからも、彼の献身的であるのと同時に支配的なサンローランへの愛情を感じる。これは息苦しいほどのラブ・ストーリーである。 「Yahoo シネマ」から

ずっと楽しみにしていた映画です。わくわく・・・
またパリに行きたくなるかも~~。
e0211636_20334669.jpg

[PR]
by hisae-18 | 2014-09-05 20:25 | シネマ

ロザリオ

e0211636_9152110.jpg

クリスチャンではありませんが、ロザリオ風のアクセサリーが好きです。
e0211636_9162952.jpg

お友達の作家さんにお願いして作って頂いた物も、何点かあります。
e0211636_9171313.jpg

本来ロザリオは、お祈りの為に用いる物で、首に下げる物ではありませんが、
このアンティークのロザリオは、ネックレスにできる様に作り変えてもらいました。
さりげない華奢なパープルのロザリオは、一番のお気に入り。
e0211636_9195813.jpg

何故かクロスの物に、とても惹かれる私です。
[PR]
by hisae-18 | 2014-06-14 09:22 | ファッション | Comments(2)

パリを感じる街角

e0211636_19153827.jpg

パリの街を歩くなら、暮らす様に旅したい。
e0211636_1916141.jpg

だけど、我が街神戸を歩くなら・・・
e0211636_1917587.jpg

カメラを抱えているだけで、恥ずかしいから(笑)
e0211636_19174045.jpg

わざと、観光客のふりをして歩きましょう。

いつもの散歩道も、どこか新鮮に映ります。
e0211636_1919872.jpg

少し冷たい風が、ふわりと心地よい、午後のひと時でありました。
[PR]
by hisae-18 | 2013-12-16 19:20 | 散歩

grains de vanille @京都

e0211636_962845.jpg

娘とブランピエールでフレンチを食べた後、以前から気になっていたgrains de vanille 」へ。
e0211636_972661.jpg

娘のグルメなお友達もお気に入りのお店だそうです。
e0211636_981594.jpg

まるでパリのパティスリーみたいな、美味しそうで目にも麗しいケーキがずらりと並んでおります。
e0211636_984443.jpg

色んなケーキ屋さんを覗いても、あまり満足することがありませんが、
こちらは、期待以上にレベルが髙く(どんだけ偉いのん?笑)
選ぶだけで・・・わくわく。
それでも、どんどんお客様が来られるので、食べたかったケーキは目の前で無くなりました。(泣)
e0211636_911199.jpg

私は胡桃味のクリームが入ったシューを選び・・・
娘はワイン風味のムースを選びました。
e0211636_9141181.jpg

濃厚なクリームの中に、ナッツの風味と食感が生きており、皮もぱりっと仕上がっておりました。
e0211636_9154763.jpg

買ったケーキは普段 二個目はきついけど、もう一個食べたいなーーーと
思える久々ヒットのケーキ屋さんでした。
(その点 自分のケーキなら、2個3個食べてもあっさりしていて全然平気!恐)
e0211636_918498.jpg

焼き菓子のラッピングもとってもお洒落です。
e0211636_9183735.jpg

次回は焼き菓子も買ってみましょう~~。
e0211636_918596.jpg

皆様も京都へお出かけになられたときは、是非お試しくださいね。
リピートしたいと思う初のケーキ屋さんでありました。
[PR]
by hisae-18 | 2013-09-21 09:21 | 食べ歩き | Comments(2)

ビル・カニンガム&ニューヨーク

お洒落なお友達 ハープ姫様のお薦めで、「 ビル・カニンガム&ニューヨーク」を観てきました。
e0211636_1929466.jpg

交渉8年、撮影・編集に2年。10年がかりで完成したドキュメンタリー
e0211636_19293044.jpg

ニューヨーク・タイムズ紙の人気ファッション・コラム「ON THE STREET」と社交コラム「EVENING HOURS」を長年担当するニューヨークの名物フォトグラファー、ビル・カニンガム。ニューヨークの街角で50年以上にもわたりファッショントレンドを撮影してきたニューヨークを代表するファッション・フォトグラファーであり、ストリートファッション・スナップの元祖的存在だ。しかし、彼自身については謎につつまれており、親しい業界人でさえ彼のプライベートを知る者はほとんどいない。そんなカニンガムにリチャード・プレス監督が8年がかりで撮影交渉し、撮影と編集に2年、通年10年の制作期間を経て完成した本作で、カニンガムの知られざる私生活や仕事ぶりが初めて明かされた。
e0211636_19295345.jpg

「パリのファッションウィークでファッションを撮りに来て、実は多くを学んでいる。
半年おきに学校に来ているみたい。目には何度もまなばせないと・・・」

80歳を過ぎて尚カメラの現役・・・これ程の環境にありながら、ファッション以外 
食にすらも全く興味を持たない。
彼を天才と呼ばずして、誰が天才と言えるだろう。

中途半端な自分を振り返りながら、父ほどの年齢の彼にほんの少し勇気をもらった気がした!
[PR]
by hisae-18 | 2013-06-09 19:39 | シネマ | Comments(2)

きび糖のメレンゲ

e0211636_15312856.jpg

カスタードやティラミスを作るとどうしても余ってしまう卵白。
e0211636_15322173.jpg

そんな可愛そうな卵白ちゃんを、美味しい一口メレンゲに変身させてあげました。^-^
素朴な生成り色は、きび糖の自然なお色。
同量のきび糖を混ぜただけのシンプルなお菓子です。

お口に入れると、しゅわっと瞬時に溶けてしまう・・・そんな儚いデセール。
焼き菓子のレッスン中、焼いている待ち時間にティラミスと一緒にお試しいただきました。
e0211636_153635100.jpg

凛とした美しさのクレマチスの花言葉は、「たくらみ」
物静かな雰囲気もありながら、饒舌に語りかけるパリのマダムの様でもあります。
反対色のひまわりと合わせて、いつもより少し冒険!
シックな色合いのお花が多いVESTITAさんは、私のお気に入りです。
そんな地味好みの私にとっても、今回はかなり思い切った組み合わせでした。
e0211636_1541283.jpg

レッスンでは、今日も生徒さん達に色々なこつをつかんで頂けたかと思います。

是非とも、熱の冷めない内に復習してしっとり生地を再現して下さいね。

7月から10月は、レッスンはお休みさせて頂きます。
e0211636_1544282.jpg

6月7日(金曜日)のオレンジケーキはまだ空きがございます。
お申し込をお待ちしております。
[PR]
by hisae-18 | 2013-05-25 15:45 | 焼き菓子 | Comments(2)

食いしん坊スイーツブログ


by hisae-18
画像一覧